外国人が日本で起業する際、注意しなければならないのが在留資格です。

外国人が起業し、「経営・管理」の在留資格を得るために設けられた基準の内容は非常に複雑で厳しい内容になっており、起業のハードルをあげております。また、原則としてビジネスが実際にスタートする、もしくはそれが明確に立証できる状況にならないと審査の対象にならないため、在留資格が取得できるかどうか不明確な状況で費用をかけてオフィスや店舗などを借りたり、従業員を手配したりすることになり、万が一にも不許可になってしまった場合は被ってしまう損失が大きくなります。まずはお問い合わせ頂いた方ひとりひとりの状況を総合的に把握し、「本当に経営・管理」を取得する必要があるか」、「永住許可等、別の在留資格を取得できる可能性はあるか」などご相談させていただければと思います。

在留資格申請(投資・経営)+ 会社設立

在留資格申請(投資・経営)+ 会社設立のトータル申請サポ―ト

以下のような外国人の為のサポートサービスです!

当事務所では経営ビザ申請時において、会社設立と在留資格申請(投資・経営)を併せてトータルサポート対応が可能でございます。重複となりますが、外国人が起業し、「経営・管理」の在留資格を得るために設けられた基準の内容は非常に複雑で厳しい内容になっており、起業のハードルをあげております。また、原則としてビジネスが実際にスタートする、もしくはそれが明確に立証できる状況にならないと審査の対象にならないケースもございます。当事務所では経営ビザの取得から開業までの一連のトータルサポートが可能でございます。

在留資格申請(投資・経営)・会社設立のおける申請の条件や必要書類

会社設立+在留資格(投資・経営)の条件

会社を設立し、「投資・経営」のVISAを取得するためには、以下の条件が必要です。

在留資格申請(投資・経営)+ 会社設立

会社設立と投資・経営VISA申請に必要なもの

会社設立には以下のものが必要です。

在留資格申請(投資・経営)+ 会社設立

会社設立後、「投資・経営」の在留資格申請には以下のものが必要です。

会社設立には以下のものが必要です。

在留資格申請(投資・経営)+ 会社設立

お気軽にお問い合わせください。050-3551-1248営業時間 10:00 - 19:00 [ 土日・祝日除く ]

メールでのお問合せはこちら お気軽にお問い合わせください。