就労ビザの種類

外国人が日本で働くためには「働くことのできる在留資格(就労ビザ)」が必要です。就労ビザなく日本で働いた場合「違法就労」となり犯罪者になってしまいます。(雇用している企業にも迷惑をかけることになります。)就労ビザには以下の種類があり、それぞれ日本で従事することのできる仕事の内容が決まっています

就労ビザの事例

「技術・人文知識・国際業務」・・・大学を卒業した人がその専門知識を生かす在留資格です。ソフト開発者、研究員、翻訳者、貿易事務など様々な職務がこちらの資格に当てはまります。また、「技能」とはシェフやソムリエ、宝石加工、パイロットなど職人的な仕事ができます。外国人は原則その在留資格で許された範囲の仕事のみをすることができます。一方、「留学」「家族滞在」「文化活動」「短期滞在」などの在留資格では原則日本で働くことができません。また、「永住」「定住」「日本人の配偶者等」などの在留資格があれば、業種に制限なく働くことができます。
就労ビザを取得するためには入国管理局に次の3つの手続きをする必要があります。

入国入管理局に対する証明書類書類を作成・収集します

申請から許可が下りるまで約2ヶ月ほど時間を要しますので、3ヶ月前に申請を終えていることが望ましいです。期間に余裕を持ってご相談くださいませ。

東京で働きたい外国人の方のビザの取得を親身にサポートさせていただきます

海外から来日された方や、留学中の方が卒業後に日本で働きたい場合などは就労のための在留資格が必要になります。短期滞在や留学の在留資格では働くことができません。万が一、就労した場合、法律違反として国外退去を命ぜられることがありますので、東京での就業を希望される外国人の方は当事務所までお気軽にご相談ください。
就労ビザの取得は働く業種や専門性などによって申請形態や必要な書類が異なってまいります。お話をお伺いし、適切な資格の申請手続きを代行させていただきますので安心してご相談ください。
永住資格や定住資格、日本人の配偶者等といった在留資格があれば、よりスムーズに就業が可能です。就労ビザの申請においては、お立場や置かれた状況に応じて最適な方法をご案内しますのでお気軽にお問い合わせください。
就労ビザ

お気軽にお問い合わせください。050-3551-1248営業時間 10:00 - 19:00 [ 土日・祝日除く ]

メールでのお問合せはこちら お気軽にお問い合わせください。